ホーム > 健康 > 子供の便秘と病気との関連

子供の便秘と病気との関連

子供も大人と同じで便秘になることがあります。

 

大人の場合は自分の経験上どのように対処したら良いかをわかっていますが、子供は自分で対処することができないので親がちゃんと様子を見ておくことが必要です。

 

子供の便秘は放っておくと大変なことになる場合もあります。

 

腸が太くなって便秘が慢性化し便失禁を起こす子供もいます。何か変だなと感じたら早めに病院に連れていくことが大事です。

 

直腸や肛門に神経筋がなくて直腸に便がたまってしまうヒルシュスプルング病、肛門の位置に異常がある鎖肛などの先天性の病気が見つかることもあります。

 

これらは5千人に1人程度の割合で起こる病気ですが、ほとんどが手術で治りますので悲観する必要はありません。

 

便秘になるとトイレで出す際に肛門が切れたりと、痛みを伴います。

 

そのため小さな子供はそれが嫌で便意を我慢するようになり、余計に便秘が悪化するといった悪循環も生まれてしまいます。

 

便秘がひどくなってしまった場合は、浣腸で毎日便を出す習慣をつけされることから始めましょう。楽に出ることを覚えれば子供も怖がらなくなりますし、治療期間に個人差はでますがみな改善に向かっていきます。

 

とにかく変だなと感じたら受診させることが重要です。子どもの便秘こそ予防が大事→http://子供便秘オリゴ糖.com/

 


関連記事

  1. 喜んでいる義理の息子

    義理の息子はまだ20代前半です。なのに見た目は30歳くらいに見えてました。原因は...

  2. 子供の便秘と病気との関連

    子供も大人と同じで便秘になることがあります。   大人の場合は自分の経...

  3. 身体を動かす習慣

    今朝ニュースで、デイサービスのことをやっていました。 運動を1時間ほどすると仮想...